株式会社三晃商会

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

古くなった中古のクレーンをより性能が高いクレーンに買い換える場合や不要になったクレーンを、クレーンの買取り専門業者に依頼を行うことができます。中古クレーンを買取りしてもらう時の具体的な流れは、まず、お電話などで依頼したい業者に査定の申し込みを行います。その際に、クレーンの機種や年式、状態などの基本的な情報を伝えて査定を受けます。中古クレーンの相場は、常に変動しているといわれており、世界の新興国では、クレーンや建設機器の需要が増していますので、業者によっては高額で買取りをしてもらえる場合もあるといわれています。査定を受けた後、概算価格で合意ができる場合は、現車の確認が行われ、その際に動作のチェックなど細かい部分の検品が行われます。そして、最終的な買取り価格が提示されます。その価格に納得できる場合には、代金と引き換えにクレーンと書類関係を引きとってもらい売買契約が完了するという流れになります。
Tagged on: , 株式会社三晃商会