札幌の注文住宅・新築・リフォームのことなら藤和建業株式会社

札幌の注文住宅・新築・リフォームはパナソニックビルダーズグループの「藤和建業 株式会社」にお任せ下さい。パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」にも対応。品質・価格・サービスの全てにおいて満足する家作りを提案いたします。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ハウスメーカーの最大の強みは保証といえます。特に全国で展開している大手住宅メーカーはすべて一部上場を果たしています。経営状態が安定しているので突然会社が潰れることはほとんどないでしょう。万が一に何かあっても保証が効きやすいです。一方で工務店の最大の強みは価格です。ハウスメーカーでは常にCMなどの広告宣伝としています。全国に住宅展示場がありイベントを開催しており、専属の営業マンもついています。家の価格以上に諸経費が大量に投入されているのです。最終的に、価格は工務店に軍配が上がるといえるでしょう。地域に根差した工務店ではそれほど広告費などに投入することはできません。ハウスメーカーのメリットとして各メーカーで災害に対して対策を講じています。特に日本では地震や台風などの災害が多く万が一を考える必要があります。災害に強い家なら生涯安心して住めます。必ず営業担当者がつくので完成までトータルにサポートしてくれます。土地探しや住宅ローンなど分からない事があれば遠慮なく聞けます。 住宅は厳格な審査をクリアした部材だけが使われています。大規模な工場で部材が作られており、品質も一定して保たれています。工務店では広告費や人件費がそれほどかかっていません。価格を考慮すれば工務店の方がより安くて良い家づくりが出来やすいです。施主との距離が近いので、間取りやコーディネートの打ち合わせなど相談できます。家の色々な部分で融通が利くのが工務店の強みです。地域に根差しているのでその土地の気候などを生かした家づくりが可能です。しかし、工務店は知名度の低さゆえにどれを選べばいいか分からなくなる可能性があります。そして、一部上場企業と比較すると保証面で劣ります。工務店は創業100年以上のお店と創業間もないお店が混在しています。長く地域に根差した工務店なら数年で突然破たんするリスクは低いでしょう。ネットで評判を調べたり誰かの口コミを聞くなどしてどこがいいか判断してください。
Tagged on: , 札幌の注文住宅・新築・リフォームのことなら藤和建業株式会社