アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

秋と言えば食欲の秋や祭りの秋などがありますが、読書の秋もあります。電子書籍などで流行の小説などを読むのも良いですが、語学の勉強もしたいのであれば、原文のままで外国の本を読んでみるというのも良いものです。特にフランス語は例文だけを読んでいても頭に入りにくいので、フランス語の小説や歴史の本などを読んでみると歴史にも詳しくなれて良いでしょう。東京のフランス語学校では読んだり書いたり、発音の練習などもしますが、まずはフランス語という言葉の苦手意識をなくすためにも物語などの文章に慣れておくようにすると良いです。人に聞かなくても書いてある文章を理解することができれば自信にもつながりますし、発音がうまくいかないような時であれば筆談で会話もしやすくなるでしょう。文章を理解し書く能力を高めるようにするためにもフランス語で書かれている本を読むと良いでしょう。読書の秋はフランス文学に触れるいいきっかけにもなるでしょう。
Tagged on: , アテネ・フランセ