昭和住宅

福岡エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年、福岡でも資産家を中心に生前から相続税対策に取り組む人が増えてきました。死後に相続人が納めることになる相続税額を減らす方法は数々考え出されていますが、その中でも基本的な方法といえるのが、現金と不動産の評価額の差を利用した節税です。なぜこれが節税に結びつくのかというと、現金の場合は所持している分がそのまま評価額となるのに対し、土地の評価額算定のもとになる路線価は公示地価の8割程度になるように定められており、建物の相続税評価のもとになる固定資産税評価額についても公示地価の7割程度を目安に定められていることから、現金を不動産にかえることで課税対象となる遺産の総額が減る可能性があるためです。 単に現金を不動産にかえるだけでも節税効果がありますが、手に入れたからには何らかの形で活用していきたいものです。近年は、購入した不動産の使い道として「アパート経営」が特に注目されています。不動産の購入目的がアパート経営であれば、相続税評価の際に借主の借地権と借家権の割合が考慮されるため、評価額をさらに減らすことができ、節税効果がより大きくなるからです。ただし、アパート経営に乗り出す場合、所有者自身ですべて考えて経営をすすめるのはとても大変なので、賃貸アパートの設計や施工、および経営のサポートを行っている会社に相談しながら経営をしていくと良いでしょう。
Tagged on: , 昭和住宅