昭和住宅

名古屋エリアから価値の高い物件をご案内致します。【昭和住宅アセット事業部】のアパート経営。

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

名古屋のアパート経営は、長期で資産を増やすことが可能です。少ない自己資金から賃貸経営を初めて、安定した収入を得られるのです。 年金問題や景気の低迷により、多くの人が老後に不安を抱いています。株やFXなど、リスクが高い投資を行っている人も少なくありません。アパート経営は、少ない資金でも始めることができます。ローンで土地と建物を購入し、ローンの返済は家賃収入で賄うことができます。長期にわたって賃貸経営による安定収入が見込め、ローンを完済した後は、無担保の土地を資産として残すことができるため、大きな注目を集めています。アパート経営の目的は、人によって様々ですが、私的年金や生命保険のように考えている人は多いです。将来が楽しみな賃貸経営のすべてを、オールインワンで提供してくれるので、オーナーの思い描くプランをスムーズに実現することが可能なのです。土地の選定から、設計、施行、経営のサポート、そしてローンの斡旋まで任せられるので安心です。
Tagged on: , 昭和住宅