エクステリアプロ

手すり工事のことなら東京都江戸川区の【エクステリアプロ】へ。職人直営で設計から製造、取り付け工事まで自社で行います。

内装工事の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

マンションの手すりは一定の高さが必要です。手すり工事では、高さを考えて工事がなされます。法律で必要な高さは建築基準法に定められています。床から最低でも、1,100mmの高さが必要です。通常はそれよりも高い高さの手すりが設置され、1,200mm程度が多く見られます。手すり工事では、子どもがよじ登れないような手すりにする必要があります。手すりの途中で足をかけることが出来る部分があると、必要な高さが取れなくなり、転落の危険があります。足がかけられない手すりは、縦格子が利用されます。全面をパネルにするのも効果的ですが、風通しが悪くなります。手すり工事が終わったあとでも、子どもがよじ登れるものが近くにおいてあると危険です。手すりの近くには物を置かないことが大切です。手すりは十分な強度が必要です。十分な強度を得るには、支柱の間隔を狭くする必要があります。丈夫につくられた手すりは、長く使うことができます。
Tagged on: , エクステリアプロ